このインタビューは『ゲーム・オブ・スローンズ Beyond the Wall』に関する一連の開発者ディスカッションの一部です。本作は年内にiOS/Androidでリリース予定のコレクタブルRPGストラテジーゲームです。

今週は、本作のクリエイティブディレクターであるジャスティン・ジョーンズ氏に「ゲームのデザイン」について話を伺いました

『ゲーム・オブ・スローンズ Beyond the Wall』 はどんな内容ですか?

Justin: このゲームは冥夜の守人と壁の向こうの謎に焦点を当てています。プレイヤーは冥夜の守人の城の指揮官となり、七王国内外からユニークなキャラクターを集め、ウェスタロス大陸を守ります。

Game of Thronesの魅了的な歴史の中で血斑鴉としても知られておりブリンデン・リヴァーズ(ファンに知られているように、三つの目のカラスになる)、壁を超えて姿を消したからのストーリーです。プレイヤーは、オリジナルのストーリーを通して、彼を見つけるための探求を経験します。

私たちはプレイヤーに、冥夜の守人が壁の向こうの地域で直面する暗闇と、全く異なった7つの王国(エッソスの一部までも含む)の地域アイデンティティの両方を感じてもらいたい毎日少しずつ 『Game of Thrones』での体感を探求していくことができます。私達は既知の世界の多くの奥深くて複雑な要素をストラテジーゲームの形式で表現したいと考えていました。今回それが達成できたと信じています。

ゲームシステムについて教えてください。

Justin:プレイヤーのキャラクターは冥夜の守人の総帥なので、ゲームの核心部分は冥夜の守人メンバーを拡充し、それらを率いて分隊ベースの戦闘で野人、獣、巨人及びその他北の脅威に対抗することです。メンバーは様々な地域から募集され、キャラクターはそれぞれゲームの難関をクリアするのに役立つ特性や強み、能力を持っています。

冥夜の守人のメンバーを募集する以外の需要な要素として、世界各地に使い鴉を飛ばし、ユニークなアイテム、戦術、特性、能力を集めて冥夜の守人達を強化することができます。様々なゲームモードで、 ウィアウッドの木の知識を求めて幽霊の森を探索したり、特別イベントのバトルに参加したりして、色々な能力を城の図書館にある書物に追加することができます。

最後はこれらすべてをPvPに活かし、自分の好きなヒーローと分隊を配置して他のプレイヤーと対戦することができます。

ゲームのストーリーについて教えてください。

Justin:私たちはドラマの中で見る三つの目の鴉の原因についての物語をお伝えすることがとても楽しみです。彼が冥夜の守人から失踪した後、プレイヤーは哨士長のアルヴァー・スパイアとドラモン・ブラックウッドを通じ、三つ目の鴉の形跡を追って壁の向こうの暗黒と謎に包まれた領域に足を踏み入れ、事件の背後にある真相を探ります。

私達は、ウィアウッドやグリーンサイト、使い鴉、冥夜の守人の哨士達といった北部のすべての古典的なテーマをオリジナルキャラクターのフルキャストで本格的に表現したいと考えました。私達はオリジナルブランドに忠実にお伝えするために、プレイヤーたちがモバイルゲームで期待する以上に暗いテーマになっています。そしてGame of Thronesではお馴染みの「どんでん返し」が散りばめられています。皆さんがどんな反応をするのか楽しみです。

『Game of Thrones』の物語をモバイルゲームで展開する上で何か特別な点はありましたか?

Justin:モバイルゲームは、自由に遊ぶ範囲では特に、めったに物語の内容や、あるいは個別の文書進行のようなものの軽視を重点的に取り扱わない、例えば、これは人々の物語の消費方法が進化するにつれて変化していると思います。私達はゲームのビジョンを明確に、どこに市場がありいつ設置したかなどを考慮したにもかかわらず、さらによりユニークに作り上げることを提示した。伝統的なモバイルディバイスのプレイパターンに合わせ流ように手作業で行った。

とは言っても、創作過程はかなり伝統的で、脚本制作ソフトの前に座り、膨大な時間をかけて映画のように長い脚本を書き上げました。それから、ストーリーイベントの一部としてこれらのシーンをゲーム体験の中に配置しました。プレイヤーは長い期間をかけて、ゲームを進めながらこれらのシーンを体感していくことになります。これらのゲームは、よく何ヶ月、何十年に渡ってプレイされてきたため、私達は状況に応じて順応させた

ジョン・スノウやデナーリス・ターガリエンといったキャラクターはどのように取り入れたのですか?

Justin:私達が最も興奮していることのひとつは、このようなゲームの先例を作り上げたことです。というのも、プレイヤーは集めたアイテムや練り込んだ戦略をジョン・スノウやデナーリス・ターガリエン、ジェイミー・ラニスター、メリサンドル、巨人殺しのトアマンドといったキャラクター達に使用し、彼らを指揮してウェスタロスの歴史上の有名な戦いに参加させ、PvPで他のプレイヤーと対戦することができます。そのため、キャラクターは本質的にゲームのストーリの一部ではありませんが、いくつものゲームモデルを存分にプレイできる

このゲームのユニークな点は何ですか?

Justin:今までにない手法で『Game of Thrones』 を皆さんにお届けします。本作はオリジナルストーリーと数多くのキャラクターが織りなす人間模様を枠組みとして、そこにコレクションストラテジーと戦闘プレイ、そして没頭できるキャッスル体験を融合しました。自分の好きなドラマキャラクターを集め、それらを数十種類もの分隊戦闘に編成することが可能です。これは今までにないゲームデザインとなっています。

個人的にこのゲームに最も期待している部分は何ですか?

Justin:『Game of Thrones』 はずっと私のお気に入りのコンテンツだったので、冥夜の守人の設定により合うように、現在の主流のゲームシステムを新しい手法で再構想する過程はとても楽しかったです。このゲーム体験がプレイヤーの皆さんにどのような共鳴をもたらすのか今から楽しみです。